【日本の税制】どんな税金があるのか分類してみる。税金のしくみ。

2 min 27 views

こんにちは、フクオです!
国民は税金を納める義務がありますが、税金にはどのようなものがるのでしょうか。
今回の記事では日本の税制について解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:税金の種類によって税金の決定方法、納付方法や税率などは異なる。

国税と地方税

税金を課税するのが国か地方公共団体かによって国税と地方税に分けられます。
また、地方税には道府県税と市町村税に分けられます。

「道府県税?都がないけど東京都は?って思いますよね^^;」

東京都は都税として道府県税と同じ税率ですが地方税法上は別扱いになっています。

直接税と間接税

直接税は税金を収める人と負担する人が同じ場合です。
間接税は税金を収める人と負担する人が異なる場合です。

  • 直接税
    所得税、法人税、相続税、道府県民税、市町村民税 など
  • 間接税
    消費税、酒税、たばこ税 など

間接税の例として消費税があります。
払うのは買う人ですが収めるのはお店の人ですよね。
このような税を間接税といいます。

申告納税方式と賦課課税方式

納税額を決定する方式には2つの方式があります。

  • 申告納税方式
    納税者が納付すべき税金を計算して申告する方式
    →所得税、法人税 など
  • 賦課課税方式
    課税主体が納付すべき税金を確定して納税者に通知する方式
    →自動車税、個人住民税、固定資産税 など

超過累進税率と比例税率

税金の種類によっては所得の大小によって税率が異なります。

  • 超過累進税率
    所得が多くなると税率も段階的にあがる
    →所得税、相続税、贈与税 など
  • 比例税率
    所得は関係なく税率は同じ
    →消費税、個人の住民税 など

税金の納付方式

税金の納付方法としてつぎのようなものがあります。

  • 申告納付
    申告納税方式による納税
    →所得税 など
  • 賦課納付
    賦課課税方式による納税
    → 個人住民税 など
  • 源泉徴収
    給与、配当、利子などの支払い者が納税者に代わって納税
    → 給与の所得税 など
  • 普通徴収
    地方公共団体等が納税額を決定して納税者が納税
    → 個人住民税、固定資産税 など
  • 特別徴収
    特別徴収義務者が税金を預かり納税
    → 給与の所得税 など
  • 証紙徴収
    地方公共団体等が発行する証紙を貼付して納税
    → 新規登録時の自動車税 など

まとめ

  • 国税と地方税
    税金を課税するのが国か地方公共団体かによって国税と地方税に分けられる
  • 直接税と間接税
    税金を収める人と負担する人が同じ場合は直接税。異なる場合は間接税
  • 申告納税方式
    納税者が納付すべき税金を計算して申告する方式
  • 賦課課税方式
    課税主体が納付すべき税金を確定して納税者に通知する方式
  • 超過累進税率
    所得が多くなると税率も段階的にあがる
  • 比例税率
    所得は関係なく税率は同じ

今回の記事では日本の税制について解説しました。

税金の種類によって税金の決定方法、納付方法や税率などは異なります。
税金は国民の義務であり、身近なものですので税制はおさえておきましょう。

税金の種類によって税金の決定方法、納付方法や税率などは異なる。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA