【投資信託】投資のプロにおまかせ?しくみや注意点について解説

3 min 13 views

こんにちは、フクオです!
皆さん、投資信託の仕組みはご存知でしょうか。
今回の記事では投資信託のしくみやリスクについて解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:元本が保障されないリスクがある。
コストを意識して購入先やファンドは自分で情報収集して購入することが重要。

投資信託とは?

投資信託(ファンド)は投資家から資金を集めて専門家である投資信託委託会社が株式や債券に投資してその収益を投資家に還元するしくみです。

投資信託には「販売会社」、「委託者」、「受託者」、「受益者」で大きく構成されています。

  • 販売会社
    ファンドを募集や販売、分配金や償還金などの支払いなどを行う
  • 委託者
    受託者に対して信託財産の運用指図を行う
  • 受託者
    信託財産を管理や株式や債券などへ投資を行う
  • 受益者
    投資家が運用によって得られた収益の分配を受ける

投資信託にかかるコスト

投資信託には投資家が負担する3つのコストがあります。

  • 購入時手数料
    ・投資信託の購入時にかかる費用で販売手数料のこと
    ・ファンドや販売会社によって手数料は異なる
    ・ノーロード(手数料がない)ファンドもある
    ・つみたてNISAはノーロード
  • 運用管理費用(信託報酬)
    ・信託財産の運用や管理に対して継続的にかかる費用
  • 信託財産留保額
    ・信託期間の途中で解約する時にかかる費用
    ・長期保有し続ける投資家との公平性を図るもの

投資信託の分類

投資信託にはいろいろな種類があります。
つぎのような分類の方法があります

投資対象による分類

投資対象に株式を組み込むか組み込まないかで分類されます。

  • 公社債投資信託
    公社債を中心として株式は組み込まない投資信託
  • 株式投資信託
    株式を組み入れて運用することができる投資信託

購入時期による分類

ファンドの募集期間後も追加購入ができるできないで分類されます。

  • 単位型投資信託
    購入は募集期間中のみでファンド設定後は追加購入できない投資信託
  • 追加型投資信託
    ファンド設定後も購入できる投資信託

解約可否による分類

いつでも解約ができるのか、できないのかで分類されます。

  • オープンエンド型
    いつでも解約が可能な投資信託
  • クローズエンド型
    解約はできない投資信託

上場投資信託(ETF)と不動産投資信託

  • 上場投資信託(ETF)
    株価指数などに連動する運用成果を目指す投資信託
  • 不動産投資信託
    賃貸ビルなどの不動産で運用し、賃貸料などの収益を分配金として還元する投資信託

運用スタイルによる分類

どのように運用するかで分類されます。

  • アクティブ運用
    ベンチマークを上回る運用収益を目指す運用スタイル
  • パッシブ運用
    ベンチマークに連動することを目指す運用スタイル

「ベンチマークとは投資の目標とする指数のことで日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などです^^」

アクティブ運用の手法

アクティブ運用の手法としてつぎのようなものがあります。

  • トップダウン・アプローチ
    金利や為替、景気などの視点でマクロ経済全体の動きを見て組入銘柄を選別する方法
  • ボトムアップ・アプローチ
    個別企業に対する調査などから企業情報を分析して、投資魅力の高い銘柄を選別する方法
  • グロース投資
    売上や利益の成長性に着目する方法
  • バリュー投資
    利益や資産価値に対して株価が割安なものに着目する方法

ディスクロージャー(情報開示)資料について

投資信託は個別にディスクロージャー資料として目論見書(もくろみしょ)や運用報告書があります。
投資信託委託会社が作成して販売会社から投資家に交付されます。

目論見書

目論見書とは投資信託のしくみや投資リスク、運用方針などの説明書です。
投資信託の購入の際に交付しなければならない交付目論見書と投資家から請求があった際に直ちに交付しなければならない請求目論見書があります。

運用報告書

運用報告書とは運用期間中の実績や今後の運用方針などが記載された報告書です。

投資信託の換金方法

投資信託の換金方法は2つあります。

  • 買取請求
    販売会社に買い取ってもらう方法
  • 解約請求
    信託財産の解約を請求する方法

まとめ

  • 投資信託とは?
    投資家から資金を集めて専門家である投資信託委託会社が株式や債券に投資してその収益を投資家に還元するしくみ
  • 投資信託にかかるコスト
    ・購入時手数料
    ・運用管理費用(信託報酬)
    ・信託財産留保額
  • 投資信託の分類
    ・株式を含むかどうか
     →公社債投資信託と株式投資信託
    ・追加購入が可能かどうか
     →単位型投資信託と追加型投資信託
    ・解約できるかどうか
     →オープンエンド型とクローズエンド型
    ・株価指数連動?不動産投資?
     →上場投資信託(ETF)と不動産投資信託
    ・運用スタイル
     →アクティブ運用とパッシブ運用
  • アクティブ運用の手法
    トップダウン・アプローチ
    ボトムアップ・アプローチ
    グロース投資
    バリュー投資
  • ディスクロージャー(情報開示)資料について
    目論見書(もくろみしょ)や運用報告書がある
  • 投資信託の換金方法
    買取請求と解約請求がある

今回の記事では投資信託について解説しました。
投資信託は預貯金と違い元本は保証されないリスクがあります。
また、コストがかかることも重要で銀行や証券会社で購入する場合は販売手数料や信託報酬が数%かかる場合もあります。
コストについてはネット証券を利用することで銀行や証券会社に比べてかなり抑えることが可能です。

投資信託は投資のプロに運用を任せることが可能ですが、ファンドがどのような運用方針でどのようなものに投資するのかはきちんと自分で情報収集した上で購入することが重要です。

元本が保障されないリスクがある。
コストを意識して購入先やファンドは自分で情報収集して購入することが重要。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA