【金融商品の課税】投資にかかる税金とは?確定申告は必要なのか。

2 min 27 views

こんにちは、フクオです!
投資で得た利益には税金がかかることはご存知でしょうか。
今回の記事では金融商品の課税について解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:金融商品によって課税方法や確定申告の要否が異なる。非課税のNISA制度を活用しよう。

預貯金の課税

銀行や郵便局などの利息は利子所得として原則20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の源泉分離課税の対象となります。

復興特別所得税とは東日本大震災からの復興に必要な財源を確保のためにつくられた税金です。
→2013年1月1日~2037年12月31日まで
また、源泉分離課税とは他の所得と分離して一定の税率で源泉徴収されますので確定申告は不要です。

「利子を受け取る時点で税金はすでに差し引かれているということですね^^」

債券の課税

日本国債や公募公社債などの譲渡損益や償還損益は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の申告分離課税となります。

申告分離課税とは他の所得と分離して一定の税率で計算して確定申告して納税する必要があります。

「利子については源泉徴収後、申告不要または申告分離課税を選べます^^」

投資信託の課税

公社債投資信託

公社債投資信託の収益分配金は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の税率で税金が源泉徴収されますが確定申告することも可能です。
譲渡益や償還益は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の申告分離課税となります。

株式投資信託

株式投資信託の収益分配金は普通分配金と元本払戻金(特別分配金)に分けられます。

普通分配金・・・収益部分から支払われるもの(課税対象)
特別分配金・・・元本の払い戻しに相当するもの(非課税)

普通分配金には20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)を課税されます。
特定口座(源泉徴収あり)を利用した場合は販売会社が損益を計算してくれて利益からは税金を徴収しますので確定申告は不要です。

譲渡益については20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の申告分離課税となります。

株式の課税

株式の配当金には20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の税率で税金が源泉徴収されます。
申告不要または確定申告をする場合は申告分離課税と総合課税を選ぶことが出来ます。

また、株式の譲渡益は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の申告分離課税となります。
売却して損失が出てしまった場合は税金はかかりません。

NISA(少額投資非課税制度)

NISAは毎年120万円までを上限に投資で生じた上場株式等の配当金や譲渡所得が非課税となります。

また、NISAとは別につみたてNISAもあります。
つみたてNISAは毎年40万円を上限に一般NISA同様に配当金や譲渡所得が非課税となります。

NISAとつみたてNISAは選択制となっておりどちらか一方を選択する必要があります。

外貨建て金融商品の課税

外貨建て金融商品は商品ごとに課税は異なります。
例えば外貨預金の利子は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の源泉分離課税、為替差益については総合課税となります。

まとめ

  • 預貯金の課税
    20.315%源泉分離課税
  • 債券の課税
    譲渡損益や償還損益は20.315%申告分離課税
    利子は源泉徴収後、申告不要または申告分離課税を選択
  • 投資信託の課税
    公社債投資信託の収益分配金は20.315%の税率で源泉徴収
    公社債投資信託の譲渡益や償還益は20.315%申告分離課税
  • 株式の課税
    株式投資信託の普通分配金は20.315%の課税で特定口座(源泉徴収あり)を利用した場合は確定申告は不要
    特別分配金は非課税
    譲渡益については20.315%申告分離課税
  • NISA(少額投資非課税制度)
    配当金や譲渡所得が非課税
  • 外貨建て金融商品の課税
    外貨預金の利子は20.315%源泉分離課税、為替差益については総合課税

今回の記事では投資で得た利益の課税について解説しました。

金融商品別に課税方法や確定申告の要否が異なります。
また、NISAを利用することで投資の上限や期間制限などはありますが利益に税金がかかりません。
投資をしたことがない方はまずはNISAからはじめてみるのはいかがでしょうか。

金融商品によって課税方法や確定申告の要否が異なる。非課税のNISA制度を活用しよう。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA