【障害年金編】年金の受給要件や金額について 受給は1級?2級?3級?

2 min 21 views

こんにちは、フクオです!
公的年金(国民年金、厚生年金)の給付はどのようなものがあるのでしょうか。
今回の記事は【障害年金】の解説をします。

障害状態になってしまった場合にどのくらいの年金がもらえるのでしょうか?

フクオ

フクオ

結論:厚生年金加入者は障害基礎年金、障害厚生年金の2つが受給可能。自営業・フリーランスの方は注意。

障害基礎年金の受給条件

障害基礎年金の受給条件として初診日に国民年金の被保険者であり、障害認定日に1級または2級に該当し保険料納付要件を満たしている必要があります。

障害基礎年金の受給要件
  • 初診日に国民年金の被保険者期間中であること
  • 保険料納付要件を満たしていること
  • 障害認定日に1級または2級に該当すること

保険料納付要件

保険料納付要件は次の2つのうちどちらかを満たしている必要があります。

  • 初診日の前日において前々月までの被保険者期間のうち2/3以上あること
  • 上記に当てはまらない場合は、初診日に65歳未満で前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

障害基礎年金の年金額

障害基礎年金の年金額は障害の等級により変わり、18歳到達年度末までの子どもがいる場合は子の加算が受けられます。

障害基礎年金の年金額

1級 ⇒ 977,125円
2級 ⇒ 781,700円

子の加算:2人目までは1人につき224,900円、3人目以降は1人につき75,000円

障害厚生年金の受給条件

厚生年金の被保険者は障害等級が1級、2級に該当した場合は国民年金の障害基礎年金と厚生年金の障害厚生年金の2つが受給可能です。
厚生年金の被保険者の方が手厚く保障されるということですね。

受給条件としては初診日が厚生年金の被保険者期間中であること、障害認定日に1級または2級に該当し保険料納付要件を満たしている必要があります。

障害厚生年金の受給要件
  • 初診日に厚生年金の被保険者期間中であること
  • 障害基礎年金の保険料納付要件を満たしていること
  • 障害認定日に1級3級に該当すること

障害厚生年金の年金額

障害厚生年金の年金額も障害の等級により変わり、報酬比例部は人によって金額が異なります。
一般的に給与が高く会社勤めが長い人ほど年金額が高くなります。

障害厚生年金の年金額

1級 ⇒ 報酬比例部分 × 1.25 + 配偶者加給年金額(22,4900円)
2級 ⇒ 報酬比例部分 + 配偶者加給年金額(22,4900円)

3級 ⇒ 報酬比例部分のみ(最低保証:586,300円)
障害手当金:報酬比例額の年金額×2を一時金として支給(最低保証額は1,172,600円)

まとめ

  • 障害基礎年金の受給条件
    初診日に国民年金の被保険者期間中であること
    保険料納付要件を満たしていること
    障害認定日に1級または2級に該当すること
  • 障害基礎年金の年金額
    1級 ⇒ 977,125円 + 子の加算
    2級 ⇒ 781,700円 + 子の加算
  • 障害厚生年金の受給条件
    初診日に厚生年金の被保険者期間中であること
    障害基礎年金の保険料納付要件を満たしていること
    障害認定日に1級~3級に該当すること
  • 障害厚生年金の年金額
    1級 ⇒ 報酬比例部分 × 1.25 + 配偶者加給年金額
    2級 ⇒ 報酬比例部分 + 配偶者加給年金額
    3級 ⇒ 報酬比例部分のみ
    一時金として障害手当金あり

障害状態になってしまった場合、会社員など厚生年金に加入している方は障害基礎年金と障害厚生年金の2つを受給することが可能です。また障害厚生年金では3級でも受給が可能です。しかし、自営業やフリーランスの方は障害基礎年金のみになりますのでやはりもらえる金額が少なくなってしまいます。自分がどれくらいもらえるのかを把握し、もしも足りない場合は民間の保険で不足を補うなど考える必要があります。

厚生年金加入者は障害基礎年金、障害厚生年金の2つが受給可能。自営業・フリーランスの方は注意。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA