【損害保険】火災保険?補償範囲や内容をきちんと把握できてますか?

3 min 9 views

こんにちは、フクオです!
賃貸契約する際やマイホームを購入した際に火災保険に加入すると思いますが、火災保険がどのようなものか分からずに紹介されたものにそのまま加入したなどの経験は無いでしょうか。
今回の記事では火災保険の補償内容などを解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:不動産会社から進められた保険は不要なものも入っているかも。きちんと自身に必要な補償内容になっているのかチェック。

火災保険とは?

火災保険は火災や風水害などから生じる建物や家財の損害を補償する保険です。
火災を起こしてしまった場合、建物や家財に損害を受けてしまい、家を建て直したり家具や家電などの買い直しが発生して経済的ダメージが発生してしまいます。
火災保険はそのようなリスクに対して備える保険となります。

ちなみに失火責任法(失火ノ責任ニ関スル法律)といわれる明治32年に定められた法律では、重大な過失がなければ自宅の火災で隣の家などに火が燃え移ってしまったとしても隣の家への賠償はしなくて良いとされています。
ただし、賃貸などは失火責任は問われませんが家主に対して借家を元の状態で返還する義務がありますので債務不履行で損害賠償責任が生じます。

逆に失火責任法により他の家からの火災で自宅が燃えてしまっても他の家からの賠償はされないということになりますので自費で家の修繕や立て直しが必要になります。
このような場合にも火災保険に加入していれば類焼被害も補償されます。

保険の対象について

保険の対象

火災保険で補償される保険の対象については建物と家財があり、別々の契約をします。
建物のみ」の契約、「家財のみ」の契約または「建物+家財」の契約があります。

保険の対象の選び方としては住んでいる家が「持家なのか賃貸なのか」、家財は「多いのか少ないのか」で選ぶ必要があります。
賃貸であれば大家さんが建物の火災保険に入っている場合があるので「家財のみ」の契約で良いかもしれません。

支払保険金額

保険の対象の保険価額(評価額)には、再調達価額(新価)と時価があります。

  • 再調達価額(新価)
    → 保険の対象となる建物や家財と同じものを購入するのに必要な金額
  • 時価
    → 再調達価額から時間経過によって価値が下がった分を差し引いた金額

建物については原則として時価の契約となりますが特約で再調達価額(新価)で契約できる場合もあります。
家財については1個または1組の価額が30万円を超える貴金属などは契約時に申し出ておく必要があるなど契約内容によって支払いの限度額などがあるため契約内容を確認しましょう。

火災保険の補償範囲は?

火災保険では火災以外でも自然災害などによる被害も補償範囲に含まれています。
火災保険の補償範囲は保険会社との契約でも少し異なりますが代表的なものは次のとおりです。

  • 火災
  • 落雷
  • 爆発・破損
  • 水災・風災・雹災・雪災
  • 水漏れ
  • 盗難
  • 騒擾・集団行為等にともなう暴力行為
  • 外部からの物体の落下、飛来や衝突

火災保険は火災以外でも幅広い補償範囲が設定されている保険が多いです。
補償範囲を広げると保険料も高くなりますので自身の生活環境に合わせて必要なものを選択しないといけません。

「例えばマンションの高層階に住んでいる場合は床上浸水が起こる可能性はとても低いので水災の補償は要らないとかですね^^」

地震保険

火災保険では地震による損害は補償対象外となっています。
地震によるリスクに備えるには地震保険がありますが単独での加入は出来ないので火災保険に付帯して契約する必要があります。

地震保険の対象と保険金額

地震保険の対象と保険金額については次のとおりです。

保険の対象住居用の建物と家財
保険金額建物:5,000万円
家財:1,000万円
↑を上限として主契約の保険金額の
30%〜50%の範囲
保険料割引制度あり(重複適用は出来ない)
「建築年割引」「耐震等級割引」
「免震建築物割引」「耐震診断割引」
保険金全損:全額
大半損:60%
小半損:30%
一部損:5%

まとめ

  • 火災保険とは?
    火災や風水害などから生じる建物や家財の損害を補償する保険
  • 保険の対象
    建物のみ」の契約、「家財のみ」の契約または「建物+家財」の契約がある
  • 火災保険の補償範囲
    火災
    落雷
    爆発・破損
    水災・風災・雹災・雪災
    水漏れ
    盗難
    騒擾・集団行為等にともなう暴力行為
    外部からの物体の落下、飛来や衝突 など
  • 地震保険
    単独での加入は出来ないので火災保険に付帯して契約する

今回の記事では火災保険について解説しました。
意外と知られていない補償範囲についてまとめてみましたが、火災保険は自身に必要な範囲を選択して加入する必要があることがわかったと思います。
今まで不動産や銀行などから提案された火災保険にそのまま加入してしまって本当に必要な内容になっていますか?
不要な補償はつけず、必要なものだけになっているか、もう一度見直してみませんか?

不動産会社から進められた保険は不要なものも入っているかも。きちんと自身に必要な補償内容になっているのかチェック。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA