【生命保険】商品の種類や特徴についてまとめ。家族の将来に備えて。

2 min 5 views

こんにちは、フクオです!
皆さんは生命保険に加入していますか?
生命保険商品には種類がいろいろあってそれぞれ特徴が違います。
今回の記事では生命保険商品の種類やそれぞれの特徴について説明します。

フクオ

フクオ

結論:自分や家族の将来に備えて保険の必要・不必要を見極めることが大事

生命保険商品の種類

生命保険の商品には主として3つの基本的な保険があります。

定期保険

定期保険とは一定期間のみ保障する死亡保険です。
いわゆる掛け捨て型の生命保険になります。

掛け捨てなので保険料が安いですが満期保険金はありません。
また解約返戻金なども無かったりあったとしても少額になります。

「保険料が安い方がいい、子供が成人するまでなど必要な期間が決まっている場合はこの保険ですね^^」

終身保険

終身保険とは一生涯続く死亡保険です。
定期保険に比べて保険料は高いですが解約返戻金があります。

「保障は一生涯必要という場合はこの保険ですね^^」

養老保険

養老保険とは貯蓄性がある保険です。
定期保険や終身保険と比べて保険料が一番高額になります。
保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が支払われます。
満期まで生存した場合は満期保険金が支払われます。

「生命保険に死亡保障と将来への貯蓄も兼ねたい場合はこの保険ですね^^」

その他にも生命保険にはいろいろな商品があります。
今回は一部そのほかの生命保険商品を紹介します。

こども保険

こども保険とはいわゆる学資保険のことです。
満期時に満期保険金が支払われます。
商品によっては進学の時に入学祝い金が支払われるものもあります。
また、保険契約者の親が死亡した場合はそれ以降の保険料の払込みが不要になります。

「こどもが生まれた際に教育資金として加入される方も多いのではないでしょうか^^」

個人年金保険

個人年金保険は被保険者が契約時に決めた年齢になった時点から年金という形で受け取ることが出来る保険です。
年金を受け取る前に被保険者が死亡した場合は払込保険料相当額を死亡給付金として支給されます。

「将来の老後資金を貯める一つの手段として加入する保険ですね^^」

個人年金の中でもいくつか種類があるので紹介します。

  • 有期年金
    有期年金は年金を支払う期間が定められていて被保険者が生存している間、年金が支払われます。
    被保険者が死亡した場合はその後の年金の支払いは無くなります。
  • 確定年金
    確定年金は被保険者の生存、死亡にかかわらず年金が支払われます。
    被保険者が死亡した場合は遺族に年金等が支払われます。
  • 終身年金
    終身年金は被保険者が生存している間はずっと一生涯年金が支払われます。
    終身年金にも保証期間をつけたものが多くあり、期間中に死亡した場合は残りの期間に対応する年金または一時金が受け取ることができます。
  • 夫婦年金
    夫婦年金とは夫婦のどちらかが生存している間、年金が支払われます。

まとめ

  • 定期保険
    一定期間のみ保障する死亡保険
  • 終身保険
    一生涯続く死亡保険
  • 養老保険
    貯蓄性がある保険
  • こども保険(学資保険)
    満期時に満期保険金が支払われる保険
  • 個人年金保険
    契約時に決めた年齢になった時点から年金という形で受け取る保険

今回の記事では生命保険商品の種類がどのようなものがあるか紹介しました。
生命保険の商品にはそれぞれ特徴を持っていて種類がたくさんあります。
自分や家族の将来に備えて万が一の場合、教育資金や老後資金など保険が必要なのか不要なのかはじっくり考えましょう。

自分や家族の将来に備えて保険の必要・不必要を見極めることが大事

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA