【老齢厚生年金編】年金の受給要件や金額について 繰り下げや繰り上げ受給

2 min 35 views

こんにちは、フクオです!
公的年金(国民年金、厚生年金)の給付はどのようなものがあるのでしょうか。
今回の記事は【老齢厚生年金】の解説をします。

第2号被保険者である会社員や公務員が受給できる年金です^^

フクオ

フクオ

結論:老齢厚生年金は「ねんきん定期便」を確認しましょう

受給要件と開始年齢

まず老齢厚生年金は65歳から受給となります。受給要件として厚生年金の加入期間が1か月以上必要です。
但し、前提として国民年金の納付期間が10年以上である必要があります。

受給要件と開始年齢
  • 国民年金の納付期間が10年以上
  • 厚生年金の加入期間が1か月以上
  • 受給開始は65歳

※昭和36年4月1日以前(女性は昭和41年4月1日以前)に生まれた方は生年月日により60歳~64歳までに受給できる特別支給の老齢厚生年金というものがありますが、今回の記事では割愛します。

年金額

老齢厚生年金の年金額の計算はかなり複雑です。
老齢厚生年金の年金額は、報酬比例年金額と経過的加算、加給年金額の合計になります。

報酬比例年金額

まず2003年4月に総報酬制が導入され、賞与も厚生年金保険料の対象となりました。
よって計算は2003年3月までとそれ以降で分けて計算して合算します。

また、計算方法が本来水準従前額保証の2種類あります。
従前額保証というのは1994年の水準で再評価して計算するものです。
年金額は毎年改定され、この2種類の計算式で年金額が高くなる方をその年度の計算式として採用されます。
今回は本来水準の計算式を紹介します。

  • 平均標準報酬月額
    被保険者であった期間の標準報酬月額の合計を被保険者であった期間の月数で割った額。
  • 平均標準報酬額
    被保険者であった期間の標準報酬月額と標準賞与額の合計を被保険者であった期間の月数で割った額。

言葉がややこしいですが、
要するに2003/3までは給与のみの平均額、それ以降は給与と賞与の平均額ということですね。

経過的加算

経過的加算は国民年金の加入期間である20歳~60歳の期間内に厚生年金に未加入期間あり、20歳前や60歳後に厚生年金に加入した期間がある場合などに基礎年金相当額が支給されます。

加給年金額

厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある方が65歳になった時点で生計を維持されている配偶者や子供がいるときに加算されます。

  • 配偶者
    ⇒ 224,900円(65歳未満であること、金額は老齢厚生年金を受けている方の生年月日に応じて変動)
  • 1人目と2人目の子
    ⇒ 各224,900円(18歳到達年度の末日までの間の子)
  • 3人目以降の子
    ⇒ 各75,000円(18歳到達年度の末日までの間の子)

繰上げ受給と繰下げ受給

老齢厚生年金は原則として65歳からもらえますが、希望により60歳から64歳の間から受給を開始する繰上げ受給と66歳から70歳までの間に受給を開始する繰下げ受給をすることが出来ます。この場合、繰上げ受給は減額した年金となり、繰下げ受給は増額した年金になります。

繰上げ受給減額と繰下げ受給増額
  • 繰上げ受給減額
    1か月あたり0.5%減額(制度改正により2022年4月から1か月あたり0.4%減額)
    繰り上げる場合は同時に老齢基礎年金の請求も行う必要がある
  • 繰下げ受給増額
    1か月あたり0.7%増額
    繰下げの場合は老齢基礎年金も同時に行う必要はない

まとめ

  • 受給要件と開始年齢
    国民年金の納付期間が10年以上
    厚生年金の加入期間が1か月以上
    受給開始は65歳
  • 年金額
    報酬比例年金額経過的加算加給年金額の合計
  • 繰上げ受給と繰下げ受給
    繰上げ受給は1か月あたり0.5%減額
    繰下げ受給は1か月あたり0.7%増額
    繰上げの場合は老齢基礎年金も同時に申請が必要

老齢厚生年金については老齢基礎年金に比べて計算が複雑になっています。
人によってもらえる金額も異なってきますので、毎年誕生日の月に送られてくる「ねんきん定期便」を確認して自分が将来貰える金額を定期的に確認しましょう。

老齢厚生年金は「ねんきん定期便」を確認しましょう

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA