【民間保険の仕組み】保険を契約する上で知っておくべき事6選

3 min 13 views

こんにちは、フクオです!
保険には社会保険と民間保険の2つがあります。
今回の記事では民間保険の制度の仕組みについて解説します。

フクオ

フクオ

結論:保険契約者を保護する制度がたくさんある

民間保険の種類

民間保険には3つの分野があり第一分野から第三分野まであります。

  • 第一分野
    生命保険会社が取り扱っている生命保険
    (終身保険、定期保険、養老保険、個人年金など)
  • 第二分野
    損害保険会社が取り扱っている損害保険
    (火災保険、自動車保険、自賠責保険など)
  • 第三分野
    生命保険会社と損害保険会社の双方が取り扱っている医療保険、がん保険や介護保険など

分野によって取り扱うことが出来る保険会社が決まってる

保険募集とは?

保険業は保険業法で内閣総理大臣の登録を受けることが義務付けられています。
保険募集とは、保険契約締結の代理又は媒介を行うことです。

保険商品の募集ができる人

保険募集ができる人は以下のような人、機関です。

  • 保険代理店
    保険会社の委託を受けて保険契約を行う
  • 保険募集人
    保険会社や代理店の営業マン、セールスレディなど
  • 保険ブローカー
    保険契約者と保険会社の間に立って中立的な立場で契約の媒介をする
  • 銀行
    平成19年12月から全面的に保険商品の募集が認められた

保険募集の禁止行為(保険業法300条の要約)

保険業法で保険募集に関する禁止事項が定められている

  • 虚偽の説明、重要事項を告げない
  • 保険会社への虚偽の告知を勧める
  • 保険会社への重要事項の告知を妨げ、又は告げないことを勧める
  • 不利益となる事実を告げずに新しい契約への乗り換えを申込させる
  • 特別な利益の提供をする
  • 他の保険契約の契約内容と比較した事項であって誤解させるおそれのあるものを告げるまたは表示する
  • 契約者配当などの不確実事項に断定的判断を示し又は確実であると誤解されるおそれのあることを告げるまたは表示する
  • 保険会社の特定関係者が特別の利益の提供を約し、又は提供していることを知りながら保険契約の申し込みをさせる
  • 保険契約者等の保護に欠けるおそれがあるとして内閣府令で定める行為

クーリングオフ

クーリングオフとは一定期間内であれば契約者から一方的に取り消すことが出来る制度です。
書面による申し出が必要
クーリングオフの内容が記載された書面を受け取った日から8日以内

契約にあたって医師の診断を受けた場合や保健期間が1年以内の契約、自賠責保険などの申し込みはクーリングオフできません。

ソルベンシー・マージン比率

これは保険会社の保険金等の支払能力があるかを数値化したものになります。
ソルベンシー・マージン比率が200%を下回った場合は金融庁による早期是正措置の対象となります。

保険契約者保護機構

保険会社が経営破綻(倒産)した場合に破綻した保険会社の契約者を保護するために設立されています。
保険会社は原則として強制加入となっています。
保険契約者保護機構は経営破綻した会社に対して資金援助を行ったり保険契約の引き受けなどを行います。

生命保険の補償

原則として全契約の責任準備資金(※1)の90%まで補償(高予定利率契約(※2)を除く)

※1 責任準備資金 ⇒ 保険会社は将来の保険金・年金・給付金等の支払いに備えて収入保険料の一部を積み立てている準備金のこと
※2 高予定利率契約 ⇒ 過去5年間で常に予定利率が基準利率を超えていた契約

損害保険の補償

保険の種類保険金支払解約返戻金・
満期返戻金など
自賠責保険・地震保険100%保障100%保障
自動車保険・火災保険・
海外旅行傷害保険など
破綻後3か月は100%保障
その後は80%保障
80%保障
年金払積立傷害保険90%保障90%保障
その他の障害・所得補償・
医療・介護保険など
90%保障90%保障
積立型保険の
積立部分は80%

まとめ

  • 民間保険の種類
    第一分野(生命保険会社)
    第二分野(損害保険会社)
    第三分野(生命保険会社、損害保険会社双方)
  • 保険募集
    保険契約締結の代理又は媒介を行うこと
  • 保険募集の禁止行為
    保険業法300条で保険募集の禁止行為が定められている
  • クーリングオフ
    一定期間内であれば契約者から一方的に取り消すことが出来る制度
  • ソルベンシー・マージン比率
    保険金等の支払能力があるかを数値化したもの
  • 保険契約者保護機構
    保険会社が経営破綻(倒産)した場合に破綻した保険会社の契約者を保護する機構

保険業を行う者や保険募集を行うことに関しては厳しい規定があり、契約者を保護する制度がたくさんあります。保険を契約する、しているうえで知っておくべき事を今回は紹介しました。
保険を契約したことがある方はわかると思いますが、保険の契約時などとても多くの説明を受けますよね^^;これは法でしっかり定められている事だったのかということが分かったと思います。

保険契約者を保護する制度がたくさんある

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA