【株式投資】株式のしくみを解説。投資を始める前に抑えておくべきこと。

3 min 14 views

こんにちは、フクオです!
皆さん、株式投資のしくみはご存知でしょうか。
今回の記事では株式投資の基本についてしくみを解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:株式投資は少額から始めることが可能。まずは株式投資のしくみを理解してから始めましょう。

株式とは?

株式は株式会社に対して出資をしている証として発行する証書のことです。
出資者は株主として保有株式の割合に応じて経営参加権や企業に利益が出たときは保有株式の数によって配当を受け取ることができます。

株主になることによって得られる権利や利益はつぎのようなものがあります。

権利
  • 経営参加権
    経営に参加することができるという権利
  • 利益配当請求権
    会社に利益が出た場合に配当が受けられるという権利
  • 残余財産分配請求権
    会社が倒産した場合に保有株数に応じて残った財産をもらえるという権利
利益
  • 配当金
    会社の利益に応じて配当金が得られる
    インカムゲインと呼ばれる
  • 売却益(譲渡益)
    売却する際に購入価格より高く売却できた場合に売却益が得られる。
    キャピタルゲインと呼ばれる
  • 株主優待
    一部の企業からは保有株数に応じて物やサービスを提供してもらえる

株式の売買注文方法

株式を購入する場合はまず証券会社で取引口座の開設が必要になります。
また売買注文する場合は証券会社に「銘柄名(会社名)」、「売りなの買いなのか」、「株数」、「値段」、「注文方法」を指示します。

売買注文方法

株式を売買注文する方法としては値段を指定する指値注文と値段を指定しない成行注文があります。

  • 指値注文
    売買の値段を注文する方法
    例:〇〇社の株式を10,000円で買う。20,000円以上で売る。
  • 成行注文
    売買の値段を指定せずに注文する方法
    例:〇〇社の株式を時価で買う。時価で売る。

取引単位

株式の取引単位は100株に統一されています。

受渡し

株式の取引が成立した時点(約定日)では株主は株の権利を得たことになりません。
株式の売買代金は約定日を含めて3営業日目に受渡しします。

少額株式投資

株式の取引単位は100株と定められていますが、少額資金で投資ができる制度として「株式累積投資」と「株式ミニ投資」があります。

  • 株式累積投資
    株式累積投資とは毎月一定金額ずつ株式を購入するもの
  • 株式ミニ投資
    株式ミニ投資とは通常の取引単位の1/10単位で売買ができるもの

取引の3原則

金融商品取引所ではつぎの原則によって取引を成立させます。

  • 価格優先
    売り注文は一番低価格の注文を優先
    買い注文は一番高価格の注文を優先
  • 時間優先
    同じ価格の注文は時間的に早い注文を優先
  • 成行注文優先
    成行注文を指値注文より優先

株価指数

株価指数とは毎日の株価の値動きを相場全体でどうだったのかをわかるようにしたものです。
代表的な株価指数として「日経平均株価」、「東証株価指数(TOPIX)」があります。

「ニュースでよく聞く言葉ですよね^^」

  • 日経平均株価
    東証一部上場銘柄の代表的な225銘柄を対象とした修正平均株価
  • 東証株価指数(TOPIX)
    東証一部上場の全銘柄を対象とした株価指数

投資指標

投資指標とは株式に投資する場合に判断材料となるものです。
「配当利回り」、「配当性向」、「PER(株価収益率)」、「PBR(株価純資産倍率)」、「ROE(自己資本利益率)」などがあります。

配当利回り

配当利回りとは投資金額に対する配当金の割合のことです。

配当利回り(%)
1株あたりの配当金 ÷ 株価 ✕ 100

配当性向

配当性向とは利益に占める配当の割合を示したものです。
「配当性向の数値が高いと株主に利益を多く還元しているということですね^^」

配当性向(%)
1株あたりの配当金 ÷ 1株あたりの純利益 ✕ 100

PER(株価収益率)

PER(株価収益率)とは株価が1株あたりの利益の何倍になっているかを示したものです。
低ければ低いほど株価は割安と判断されます。

PER(倍)
株価 ÷ 1株あたり純利益(EPS) ✕ 100
1株あたり純利益(EPS) =
税引き後純利益 ÷ 発行済株式総数

PBR(株価純資産倍率)

PBR(株価純資産倍率)とは株価が1株あたりの純資産の何倍になっているかを示したものです。
株価の下落時に下値の目処を探る場合によく使われます。

PBR(倍)
株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS) ✕ 100
1株あたり純資産(BPS) =
純資産 ÷ 発行済株式総数

ROE(自己資本利益率)

ROE(自己資本利益率)とは自己資本を利用してどれだけの利益をあげたかをみるものです。
高いほど資本効率が高く投資価値が高いと言えます。

ROE(%)
当期純利益 ÷ 自己資本 ✕ 100

まとめ

  • 株式とは?
    株式会社に対して出資をしている証として発行する証書のこと
  • 株式の売買注文方法
    売買注文する方法としては値段を指定する指値注文と値段を指定しない成行注文がある
  • 少額株式投資
    「株式累積投資」と「株式ミニ投資」がある
  • 取引の3原則
    価格優先」、「時間優先」と「成行注文優先」がある
  • 投資指標
    株式に投資する場合に判断材料となる

今回の記事では株式投資の基本について解説しました。

株式投資で得られる利益は「配当金」、「売却益」、「株主優待」があります。
どのような利益を得たいのかによって買い方や売り方が異なってきます。

「株式投資は怖いイメージがありますよね?^^;」
まずはネット証券を使って少額から始めてみてはいかがでしょうか。

株式投資は少額から始めることが可能。まずは株式投資のしくみを理解してから始めよう。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA