【第三分野の保険】医療保険は入ってますか?種類と内容をさっと解説

2 min 6 views

こんにちは、フクオです!
保険には大きく分けて生命保険と損害保険がありますが、医療保険などについてはどちらかに分類がしにくい分野となるため第三分野の保険と総称されます。
今回の記事では第三分野の保険を解説していきます。

フクオ

フクオ

結論:公的保険で足りない部分を補う保険。自身や家族の状況に合わせて不必要を見極める。

第三分野の保険の種類

第三分野の保険としては次のような種類があります。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 民間介護保険
  • 医療費用保険
  • 介護費用保険
  • 所得補償保険(就業不能保険)

医療保険

病気やケガをして入院や手術が必要となった際に給付金を受けることができる保険です。
医療保障を受けたい場合は医療保険の他に生命保険に付加する医療特約があります。

がん保険

がん保険はがんと診断された際、がんで入院した際、がんで手術した際やがんで死亡した際などに保障を受けられる保険です。
免責期間があり保険に加入してから90日または3ヶ月間の間にがんと診断されても保障されません

民間介護保険

民間介護保険とは寝たきりや認知症により要介護状態が一定期間継続した場合に一時金や年金などが受け取れる保険です。
公的介護保険の要介護状態の認定基準とは関係なく保険会社独自の基準を持った保険商品もあれば、要介護認定と連動した保険商品もあります。

医療費用保険

医療費用保険とは病気やケガで入院した際にかかった費用で自己負担した費用のうちの一部を補償される保険です。
例えば差額ベット代など全額自己負担となる個室使用料などが一部補償されたり、公的医療保険の自己負担額を補償するような商品もあります。

介護費用保険

介護費用保険とは要介護状態となった場合に自己負担した介護に要した費用を一定の範囲内で補償する保険です。
例えばバリアフリーや手すりを設置などの住宅改修費用や介護機器の購入など費用などがあります。

所得補償保険(就業不能保険)

所得補償保険とは病気やケガなどで就業できない期間の所得を補償する保険です。

まとめ

  • 医療保険
    入院や手術が必要となった際に給付金を受け取れる。
    医療保険の他に生命保険に付加する医療特約がある。
  • がん保険
    がんと診断された際、がんで入院した際、がんで手術した際やがんで死亡した際などに保障を受けられる
    加入してから90日または3ヶ月間の間は保障を受けられない
  • 民間介護保険
    要介護状態が一定期間継続した場合に一時金や年金などが受け取れる
  • 医療費用保険
    病気やケガで入院した際に自己負担した費用のうちの一部を補償される
  • 介護費用保険
    要介護状態となった場合に自己負担した介護に要した費用を一定の範囲内で補償される
  • 所得補償保険(就業不能保険)
    病気やケガなどで就業できない期間の所得が補償される

今回は第三分野の保険といわれる保険の種類を解説しました。
民間の保険では公的保険で保障されない部分を補う保険商品が多くあります。
貯蓄だけでは不安な部分については民間保険に加入して備えたほうがよいですね^^
公的保険でもある程度は保障はされますので自身や家族の状況に合わせて必要なものを見極めて選択する必要があります。

公的保険で足りない部分を補う保険。自身や家族の状況に合わせて不必要を見極める。

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA