教育資金・住宅資金・老後資金・ローン。人生ってどれくらいお金かかる?

3 min 12 views

こんにちは、フクオです!
皆さん、人生で必要な資金って把握出来ていますか?
今回の記事は生きている中で特に大きな支出となる資金について解説します。

フクオ

フクオ

結論:各家庭ごとにライフプランニングが必要

人生の3大資金とは?

最近、人生100年時代とよく耳にしますが、長い人生の中で大きな出費がいくつかあります。
以下の3つが人生の3大資金と言われています。

3大資金
  • 子供を育てるための教育資金
  • マイホームなどの住宅資金
  • 仕事を辞めた後の老後資金

大きな出費だからこそ早めの備えが必要ですね。
私も昔から貯めるのが苦手でお金もなく他の必要な資金も考えずフルローンで住宅購入した経緯があります^^;

どれくらいの資金が必要なの?

それぞれの資金にいくら必要なのか見ていきましょう。

教育資金

子, 子ども, 再生, 研究, 色, 学ぶ, 知識, 創造性, 達成します, 娘, 女の子, 子供

子供1人あたりにかかる学校の教育費をまとめてみました。
すべて公立だと約800万円、すべて私立だと2,200万円もかかることになります。
公立と私立では金額がだいぶ異なりますが、いずれにしても大きな資金が必要になります。

種別公立私立
幼稚園約67万円約158万円
小学校約193万円約959万円
中学校約147万円約422万円
高等学校約137万円約291万円
大学(4年)約255万円約387万円
合計約800万約2,200
出典:(文部科学省)平成30年度子供の学習費調査
出典:(文部科学省)国公私立大学の授業料等の推移

子供の数だけ費用は倍になりますのでご家庭によってはかなりの金額になるのではないでしょうか。

子供1人あたり約800~2,200万円必要

住宅資金

家, 不動産, 建物, 住居, アーキテクチャ, 屋根, Holzhaus, 牧草地, 構造, コンセプト

住宅には注文住宅、建売住宅やマンション、新築や中古などがありますがここでは新築建売住宅と新築マンションの平均購入価格をまとめてみました。記載されている金額はローンを組んだ金額となります。
地域によって差はありますが、全国平均で見ると建売住宅で約3,500万円、マンションで約4,500万円が住宅資金となります。

地域建売住宅マンション
全国3,494.3万円4,521.0万円
首都圏3,915.1万円5,032.5万円
近畿圏3,340.2万円4,285.1万円
東海圏3,024.8万円4,138.2万円
その他地域2,855.3万円3,630.0万円
出典:(住宅金融支援機構)フラット35利用者調査 2019年度

もしローンを組んだ場合は金利がかかってきます。
例えば3,500万円を35年間の全期間固定金利1%で借りた場合は総返済額は4,150万円になります。
金利が安い時代といえど650万が利息と考えると大きいですね^^;

地域によって差はあるが約3,500~4,500万円必要

老後資金

湖畔, カップル, ベンチ, 老夫婦, 木製のベンチ, 公園, 湖, 池, 木, 高齢者, 高齢者のカップル

老後資金についての定義はさまざまです。今までの働き方や世帯構成などで収入や支出も異なってきます。
ここでは総務省統計局のデータを参考に「高齢者夫婦無職世帯」の必要な老後資金を試算していきます。

出典:(総務省統計局)家計調査報告(家計収支編)2019年(令和元年)平均結果の概要

この家計収支によると、毎月の収入は社会保障給付の平均23.7万円。社会保障給付というのはいわゆる公的年金です。支出については平均で約27万円。支出の方が多いので生活費は毎月3.3万円不足するということになります。
「人生100年」と仮定して試算すると65歳から100歳までの35年間(420か月)でマイナス1,386万円になります。
毎月の生活費の他にも必要な費用として介護費用やお葬式代(お墓代など)を含めます。試算では仮にお葬式代(お墓代など)を200万円、介護費用を600万円とします。夫婦なのでそれぞれ2倍です。

老後資金の試算
  • 生活費の補填
    3.3万円 × 420か月(35年間) = 1,386万円
  • 介護費用
    600万円 × 2人 = 1,200万円
  • お葬式費用(お墓代など)
    200万円 × 2人 = 400万円
    合計2,986万円

2019年に「2,000万円」問題が話題になりましたが人生100年時代と考えると全然足りないのかもしれません。

高齢者夫婦無職世帯で試算すると約3,000万円必要

まとめ

  • 教育資金
    子供1人あたり約800~2,200万円必要
  • 住宅資金
    地域によって差はあるが約3,500~4,500万円必要
  • 老後資金
    高齢者夫婦無職世帯で試算すると約3,000万円必要

今回はざっくりとした試算ですが各資金ともに数千万円もの費用が必要になります。
各家庭により家族構成も収入も支出も変わってくると思いますので各家庭ごとにライフプランニングすることが大事になってきます。ライフプランニングの手法については別の記事で解説していきます。

各家庭ごとにライフプランニングを行い生涯の生活設計を立てましょう

フクオ

フクオ

普段はサーバエンジニアの会社員として働いています。

趣味はガジェット集めやお金の勉強です。
このブログではお金とモノに関する情報をご紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA